大人のプチトラウマを癒す3つの質問

 

 

安定した人間関係を育める人と
そうでない人の違い


誕生したばかりの赤ちゃんは、

次の2つのことを
本能的に強く求めています。

(1)世界を探求すること

(2)守ってくれる存在をそばに感じて
安心していられること

ハイハイをする赤ちゃんが
ちらちらとお母さんの方を
振り返っては、また進んでいく
光景を思い浮かべてみてください。

お母さんは「安心」の源であり、
そこにいてくれるからこそ
自分の力でハイハイを進め、
より広い世界を知る勇気を持てるのです。

「探求」と「安心」。

この2つのバランスがいい環境で
育った子どもは、

大人になってからも
安定した人間関係を軸としながら、

まだ見ぬ世界へ飛び込む
勇気を持つ人になります。

 

「大人のプチトラウマ」の正体とは!?


とは言え

「探求」と「安心」を
ベストなバランスで与えて
育ててくれる親はそんなに
いないのではないでしょうか。

どんな親も完璧ではないですし、
親の親もまた、その2つを
バランスよく子どもに与えた
かはわからないからです。

だからこそ
わたしたちは、

たとえ虐待のような大きなトラウマを
抱えていない人であっても、

人生において

「安心」がない状況で
「探求」をしなければならなくなると

なんだか難しく、苦しく
感じてしまうことがあります。

そこには

赤ちゃんのときに
ちょっぴり「安心」が足りていなかった

もしくは

「安心」という名目で心配ばかりされて
充分に「探求」する機会を
与えてもらえなかった

という「プチトラウマ」が
存在しているのです。

 

日常のストレスは大抵、
1つの「根っこ」から生まれる


それでもわたしたちは、

日々、人生の探求を
続けていかなくてはならないし、

そもそも探求をするために
生まれてきているのですから、
そうしたくてたまらない
というのが魂の本音です。

だからこそ、赤ちゃんのとき
得られなかったかもしれない「安心」を、

今、大人として自分に
与えてあげる必要があります。

先ほどのハイハイの例で言えば、

赤ちゃんが振り返った先に
いるお母さんの存在を、
乳児教育では

Point of Reference

と呼びます。

Point of Referenceとは
直訳すると「基準となる点」、

つまり

「(心の)拠りどころ」

という意味です。

あなたが日々の生活で、

モヤモヤすること、
苦手だと感じること、
避けたいと思うこと・・・

を思い浮かべたとき、

「なぜあなたがそう感じるのか?」

を探っていくと、

「心の拠りどころがない
感じがして不安だ」

という遠い記憶(根っこ)を引っ張りだし、
リピートして味わっていることに
気づいたりします。

そこで

大人のプチトラウマを解消する
ための3つの質問を公開します。

 

(質問1)
大人になったあなたにとって

「心の拠りどころ」
とはどのような存在ですか?



兄弟
子ども
友人・仲間
パートナー
恋愛
学歴・資格
キャリア
趣味
お金
休暇


自分が何を拠りどころに
しているのか、

それに感謝しているのか
不満を持っているのか、

探ってみると
おもしろい発見があるかもしれません。

拠りどころとしている何かに
寄りかかりすぎてもまた、
バランスが悪くなりますよね。

 

(質問2)
その拠りどころは

健康的なものですか?
それとも不健康なものですか?


あなたらしい「世界の探求」を

ワクワクと続けていくためにも

心の拠りどころとのつながりを
ヘルシーに保っていけたらいいですね。

もしそれが不健康なものであるとしたら、
どのように改善していけるのか
向き合ってみるタイミングが来ているのかもしれません。

 

(質問3)
あなたがこれからの人生で

本当に拠りどころとしたい価値とは
どんなものですか?


(1)と(2)の答えから、

考えてみてください。

この答えがしっかり定まっている人は
外側で何が起きてもぶれることなく
堂々としていられるものです。

大人になったわたしたちだからこそ、
自分の拠りどころは自分で決められる。

少なくとも、
その選択肢を持っていることに
ワクワクするのはわたしだけでしょうか。

 

 

グループセッションを
あなたの心を整える「拠りどころ」
にしてみませんか?


Skypeで定期的に開催している

女子力アップコーチングの
グループセッションに参加して、
定期的に心をすっきりさせておく。

これも1つの「心の拠りどころ」
として使っていただけるかと思います。

これまで、定期的に
コーチングを受けてくださった方から

「何かあっても、次回のコーチングで
あずささんにこれを話そう!と思うだけで
心が落ち着きます」

というお声もいただいています。

「何を話してもジャッジされない、
安心できる仲間がいる場所」

という意味でも、
グループセッションは
拠りどころとしての機能が満載です。

詳細はこちら